「塾に行かずに高校受験」 中3秋…3 (数学)

どんぐり倶楽部「塾に行かずに高校受験」
http://reonreon.com/no_juku.html

中2の7月に同じ趣旨の記事を書きました。
「塾に行かずに高校受験」 今のところ…3 (数学)
http://02672405.at.webry.info/201607/article_3.html

四角で囲ってある部分が、どんぐりHPリンク先からの抜粋です。


1. 夏休み、中3の11月前半、11月後半に向けての仕切り直し

・これまでの分からん帳
・「中3の夏は図形に集中する。」(p123)
これは、教科書ガイドと参考書で図形を予習してしまうということ。参考書の問題か、学校配布のワークがあればそれをする。図形だけの問題集を使ってもよい。


数学の出題は、県によって全然違う。例えば図形の証明問題でも、証明を全部書かせる県もあれば、穴埋めだけしか出さない県もある。だから、数学は自分の県の過去問の分析が重要。

過去問10年分の最新の1年分だけ取っておいて、残り9年分を、1週間に1年分のペースで、9月…4年分、10月…4年分、11月…1年分とやる。


5科目9年分の過去問を終えたら、ここで仕切り直し。目標などを変更し、計画を立て直す。


2. 夏休み~現時点まででやったのは・・・

夏休み中は、
「じゅくチャンネル」
http://19ch.tv/
で中3の範囲を予習していたようです。基本的な事項は頭に入ったようですが、演習はまだまだ。

分からん帳・・・最近は作ってません( ノД`)シクシク…

Z会の添削問題は「むずかし~い」。
なんだか時間をかけすぎてるような?と問うと、本人は「考えるのが面白いんだから いいでしょ~」だって。まあ毎日というわけではないので、たまにはね。

学校での進度が相変わらずめちゃくちゃ遅く、9月末でようやく1学期に終わるはずだったところまで進んだ。2学期の残り期間で、「二次関数」「図形と相似」「円の性質(円周角とかね)」「三平方の定理」が終わるのか?

自県の過去問は何年分かはやったようです。習ってないところは自力で解いてみたけれど、全く手をつけられない問題もあったようで。大問5つのうち2つはほぼ未習部分なので、さらっと動画で予習したぐらいで、過去問に着手するのが得策なのかという気も。

2学期の履修範囲が入試で頻出→過去問分析が大事→でも解けない(分析ができるレベルに達してない)

本人は英国に苦手意識があるので、数学で稼ぎたいのに、受験勉強が進めにくい・・・と嘆いております。と~ぜんですが、現時点で過去問で取れる点数は英>国>数なので(^▽^;)
さあどうする?

次は理科へ。






この記事へのコメント