期末テスト間違い分析

夏休みの宿題が多すぎて 娘の意識がそっちに行ってしまい
分からん帳作成が忘れ去られています

親が分析してど~すんだと思うけれど
返却された期末テストを眺めてみたので
間違いの傾向などを記録。
個人のメモ代わりのブログ記事です


英語:
①冠詞の抜けやミス。
②問題文の解釈ミス。

国語:
①答え方の不備。「~こと。」とまとめていないなど。
②ワークに例示されていた模範解答通りでない。少し言葉足らず。
③抜き書きの中に 誤字がある。(部分点付与なし)←こういうのに限って配点が大きい
④漢字の書き取り15問中7問不正解。
特に①の間違いが個数的には多かったです。
漢字の書き取りは・・・まあねぇ・・・。

数学:
①計算ミス(符号の勘違いとか 計算中の文字の書き間違いとか)
②文字式の表記方法ミス
③文章題 質問の意図の読み取り不備。

理科:
①植物の組織名などの暗記不足。
②質問の意図の読み取り不備。(一種の設問解釈不足?)

社会:
①地域と宗教,その宗教の特徴・・・全滅でした
②用語の暗記不足がちらほら。


それにしても夏休み中の宿題の多いこと!!
夏休み後半にでも 理社の過去問をちょっとやってみるぐらいの余裕ができたらいいのですが・・・。