朝な夕な

アクセスカウンタ

zoom RSS 分からん帳より。残りも少なくなってきた。(6MX92)

<<   作成日時 : 2015/02/04 14:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日は節分でしたね。
我が家も恵方巻を用意しました。
娘のリクエストは 鉄火巻きの太巻きでした。

その鉄火巻きにかぶりつく前に どんぐりタイム。
マグロのグロッキー君問題に食い付きました

6MX92 (2015年2月、小6、どんぐり歴5年10ヶ月)
毎朝マグロのグロッキー君は、1.2km先にある小魚食堂まで朝食を食べに行きます。ある日グロッキー君は家を出てから毎分60mで泳いでいましたが、途中から毎分80mで泳いだところ、18分で食堂に着きました。では、グロッキー君は、毎分60mで何分間泳いだのでしょうか。
画像

毎分60mで1.2km泳ぐと20分かかるので
途中から毎分80分で泳ぐことで2分タイムを縮めればよいと分かりました。

画像


80と60の最小公倍数240を使いました。
240m→毎分80mだと3分、60mだと4分→1分縮む。
480m→2分縮む。
60mで泳いだ距離→1200-480=720
720÷60=12で12分間と答えを出しました。

前回は 絶不調の最中で取り組んでおり→コチラ
答え 24分って アリエナイ!

「分からん帳問題」も残りが少なくなってきました。
(再度分からん帳行きもあるので 全て無くなることはないのですが・・・。)

昨年11月に糸山先生に相談した際、いただいたアドバイス再掲。


問題だけ切り取って、中学受験と高校受験の入試問題を用意しても面白いですよ。

●大事なのは分からん帳ですので、優先順位をつけるべきでしょうね。

2. 残っているどんぐり問題。(5M、6Mぐらい)
3. EX問題の残り。
1. 分からん帳の問題。
4. 上記の問題集。
5. その他


優先順位...一度やったもので消化できていないものが優先順位は高いと考えるといいでしょうね。つまり、「分からん帳」です。
そして、それを、どういうサイクルで入れ込んだら、楽しく?意欲的に?できるかを工夫する。



残っているどんぐり問題のうち、
・数字の当てはめや勘が働いて正解となったものや その類題
 (旅人算的なもの。連立方程式。)

・まだ未着手のタイプのもの
 (・・・時計算もしたので、たぶんない。)
をチェックしておかなくては。

高校入試問題・・・?
連立方程式で解かせるものとかですかね?
こちらも何題か用意してみようかな。




◆関連記事
 小学校卒業までの進め方〜問題選びについて糸山先生に相談






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

分からん帳より。残りも少なくなってきた。(6MX92) 朝な夕な/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる