朝な夕な

アクセスカウンタ

zoom RSS どんぐりEX問題解いてみた。その3。(EX04)

<<   作成日時 : 2014/10/22 13:41   >>

トラックバック 0 / コメント 4

もうすぐ修学旅行。グループ決めやら、訪問先についての下調べ学習?やらで、忙しい学校生活のようです。

2学期になってから、何を今さら!?の掛け算百マスやら余りのある割り算50問プリントやらを学校でしているようで・・・ガッカリデス。

娘の場合は お菓子作りでリセット♪なのか
精力的にお菓子作りの日々です。
アップルパイ、リンゴジャム、鬼まんじゅう、
チーズケーキ、パンプキンプリンなどなど
秋の味覚オンパレードで。

先日は、どんぐりの前に りんごケーキを作りました。
画像
紅玉の酸味が爽やかです。


自作のどんぐりスイーツがあれば、頭もエネルギー満タン。
EX04にトライ。

EX04 (2014年10月、小6、どんぐり歴5年6ヶ月)
田舎の一軒家に住んでいるケロ子さんはの所から、一番近いバッ太くんのお家までは10kmあります。
ある時学校の用事で、ケロ子さんは自分の家からバッ太くんの家へ1時間で4km進む速さで歩きます。でも、今日は暑くて暑くて途中で何度もお休みをしなければ倒れてしまいそうだったので、30分歩いたら5分お休みしながら行くことにしました。
一方、バッ太くんは1時間で12kmも進むことが出来るバッタボードに乗って自分の家からケロ子さんの家へ行き、ケロ子さんの家のチャイムを押して直ぐに自分の家に戻る「行って来い競争」をしていました。
...では、ケロ子さんとバッ太くんが、同時に家を出たとすると、バッ太くんがケロ子さんの家でチャイムを鳴らして戻ってくるときにケロ子さんを追い越すのはケロ子さんが家を出てから何分後でしょうか?
...また、その追い越した場所(地点)はケロ子さんの家から何kmの所になるでしょうか?
...フフフ...分かるかな?

画像

ケロ子さん35分2km、70分4km
バッタ君 1時間12km、10分2kmから閃いて
あっけなく 終了。



出典は、2006年(H18)灘中・算数(1日目)【3】。
A地点とB地点は10km離れている。P君はA地点からB地点へ毎時4kmで歩くが、30分歩いては5分お休むということをくり返す。Q君は毎時12kmで休むことなく自転車でB地点からA地点で折り返しB地点に向かう。P君、Q君は同時に出発する。
Q君がA地点で折り返したのちP君を追い越すのは、2人が出発してから【  】分後で、その地点はA地点から【  】kmの所である。
……………………………………………………………………………
解答:70(分後)/4(km)




灘・・・の名前は、娘も知っていました。
高校生クイズとかに灘高が出てるもんね。

私なんかは灘の問題と聞くだけで戦意喪失しそうですが、
一応、自分でも事前に解いてみました。
絵で解いてみるとシンプルなんだと判明。
立式と計算だけでは解けませんが




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
しょせん、ソンナモンなんでふ。ばっかみたいでしょ。はちまきして、あさからよなかまで...。ケロケロ!
レオン
2014/10/22 16:32
どんぐりに出会ったおかげで
娘は はちまきして〜 とは無縁な
楽しい小学校時代を過ごせています。
感謝感謝ケロケロリン!
minamo
2014/10/23 12:48
minamoさん おはようございます♪
EX問題、小6になった娘がおやつを食べ鼻歌を歌いながら楽しく挑戦することを夢見て(笑)コツコツ頑張っていこうと思いました(*^_^*)
それにしてもリンゴケーキおいしそう!!素晴らしい腕前ですね!(^^)!
自分の作ったおいしいケーキを食べながらどんぐりを楽しむなんて贅沢だなぁ☆
みなみのまま
2014/10/25 06:45
みなみのままさん こんにちは。

EX問題なんてホントに手が届くのかなと、
ついこの間まで思ってましたよ。
娘が作ってくれたスイーツをいただきながら
穏やかにどんぐりタイムを共有できるのは
私にとっても至福のひとときとなっています。
答えが合ってるかどうか、解けたかどうかは
どうでもいい・・・っていうと語弊があるかもしれないけれど、ホントそういうのを超えた嬉しさがあります。
(未だに、こんな順調な時ばかりではありませんけれどね。)

このりんごケーキは、娘がクックパッドで探してきたレシピで作っています。自分の技量に見合った、お手軽レシピを見つけてきます。
この辺のスーパーでは紅玉も売ってないので、生協の共同購入で入手しています。先月、北八を訪れた際には、長野産のりんごを買いました。色々な種類があってどれにしようか迷いました。「さんさ」は酸味もあって、パイやジャムにも向いてました。「ドルチェ」は、その名の通り、酸味・甘味共に豊かでスイーツ代わりに。リュックに入れて担ぎ上げ、昼食時に剥いて食べました。山で食べるといっそう美味しく感じますね
minamo
2014/10/25 10:47
どんぐりEX問題解いてみた。その3。(EX04) 朝な夕な/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる