やっぱり解き直し!? それとも。。。 (どんぐり問題6MX74)

今年最初のどんぐり問題は、冬休みに取り組んで解けなかった6MX74。
「なんかわかったような気がするから、やっぱり コレしたいねんけど・・・。」と言い、解き始めたのですが・・・。

6MX74 (2014年1月、花凛 小5、どんぐり歴4年9ヶ月)
毎度のことですが、ハム太郎はパンを齧りながら午前8時半に家を出て
分速120mの速さで学校に向かい、始業時刻の5分後に教室に滑り込み、
アウトで遅刻でした。呆れた先生は、ハム太郎に「分速150mで来れば、
始業時刻の5分前に着くので明日からは分速150m以上で走って来なさい」
と言いました。ハム太郎の家から学校までは一体何kmあるのでしょう。
また、ハム太郎の学校の始業時刻は何時何分なのでしょう。

画像
     (↑画像をクリックすると拡大できます。)

はじめに出した答えは1350m。。。
あまり進歩していないというか 同じところで引っかかってるようです

残念だけど・・・と伝えると、
「え~ これ以外思いつかないし~」と気落ちしてふて腐れてしまいました。

私「これは6年生問題だし 今度の夏休みまで取っておこうね。」
娘「そんな頃まで取ってたらカビが生える!」
私「いいやん。カマンベールも周りにカビが生えてるけど
  中が熟成して おいしなってるやん。」
娘「周りの白いとこ おいしない。苦い!」
私「アンタ カマンベール好きで食べてるやん。
  夏まで取ってたら頭ン中で熟成して解けるようになってるで。」
・・・などと 取りとめのない会話をしたり、
ゆっくりミカンを食べてる娘を、しばらくほおっておいたら。。。

「あ~~~ 分かったかも~~~
 おかあさん。なんか描くもの!!!」と言い出すので
どんぐりノートを開いて差し出しました。

やっぱり解き直し!? それとも これは閃きが降りてきた!?

まあ、もう この際どっちでもいいです
頭の中にひらめいたものを 絵図として描き出したい~~という欲求を
止めておく方が精神衛生上良くないような気がしたもので・・・
(それになんとなく この記事のときと経緯も似ているし。。。
 →過不足算の問題☆それは小脳思考なの? )

画像

かなり いいところまでたどり着きましたが
惜しくも力尽きました。
でも 答え(6km)と、その時点で10分差がついていると描けているにもかかわらず、気付いてないんですね。「5分前」と「5分後」に惑わされて 一手 余計なことをしてしまってます。

この春で どんぐり歴5年になるんだけど
相変わらず 親子で右往左往している感が否めませ~ん(^_^;)