「習熟してはいけない計算項目」について

糸山先生のブログ記事「■習熟してはいけない計算項目があるのをご存知ですか?」を受けて、

いったい分数計算(特に乗除)はいつ習うんだろうと 調べてみました。
といっても かなり ざっくりとですが・・・。

5年生のうちに 今後
・2÷3は2/3とイコールであること
・3÷5=0.6=3/5であること
・小数を分数に、分数を小数に直す
・1/4=4/16 約分・通分
・異分母の分数の加減計算
・分数・小数の混合加減計算(このときは小数を分数に直して)
・百分率(割合を小数で表わす)20%→0.2(分数の掛け算は未習)
・分数×整数、分数÷整数

6年生の初めの方に
・分数×分数
・分数÷分数


1学期に小数の掛け算・割り算が終わった後は 
単元的には分数優勢に見えますが
5年生最大の山場 割合の単元で また小数が息を吹き返しそうです。
(分数での乗除が未習なため、たぶん小数でするんでしょうね。)



今年の担任の先生が計ドを宿題に出さないので助かってます。
娘は家で小数計算などやったことありません。

自分の経験から言っても 小数計算よりも分数計算だなと思います。
かといって 分数の乗除を先に教えちゃうのもな~~。

何か対策あるかしら?
小数計算は ホント今まで以上に注意して「させない」?

今はどんぐりの割合の問題などでは 娘は分数(的な発想)を使って解いていますが、分数計算がふさわしい場面でも小数計算で出そうとする兆候がみられたら
その時は 分数乗除を教えてしまってもいいものか??? 

たぶん 学校で「小数計算せよ」とドリルやテストで出されない限り、
娘は小数の掛け算・割り算なんかやらないから
しばらくは 小数と距離を置けそうです。

他にも どんぐりで「習熟してはならない項目」とされているものがあります。
再確認

糸山先生のブログ「楽しくお勉強」より
●高学年で伸びない共通点
http://tanoshikuobenkyou.blogspot.jp/2012/12/blog-post_3302.html

●下記の項目は、少なくとも小学校で(12才までと考えてもいい)は反射的に出来るようにしてはいけません。大量にすることで考えない回路を強化するからです。思考力養成の妨げになるからです。
さらには、する必要が無いうえに格段に優れた手法があるからです。つまり、どう考えても子供の成長にはマイナスにしかならないからです。 (中略)
01.数の分解合成を式や暗算で習熟してはいけない
02.暗算を音やソロバンやタイル等で習熟してはいけない
03.九九全段を習熟してはいけない
04.小数計算を習熟してはいけない
05.式の変形を式で考えることに習熟してはいけない
06.通分を最小公倍数で計算することに習熟してはいけない
07.単位換算を計算で習熟してはいけない
08.余りのある計算に習熟してはいけない