目指すは“どんぐり最上級者”!? (どんぐり問題5MX16)

先日のどんぐり記録。

5MX16 (2013年3月、花凛 小4、どんぐり歴3年11ヶ月)
ハムハムは、お母さんが冷蔵庫の奥にしまっている向日葵の種をコッソリと
毎日17個ずつ食べていました。向日葵の種を食べ始めてから20週間が過ぎた
時に、ハムハムは急に不安になって、残っている種の数を数えてみたら2個
しか残っていませんでした。向日葵の種の値段を1粒3円とすると、
冷蔵庫には最初に何円分の種が在ったことになりますか。
画像
    (↑画像をクリックすると拡大できます。)

表にしようとしましたが、最初に書いた10日ごとの表をやめて
5週間ごとの表にしようと方向転換した際、
「毎日17個」も 「毎週17個」とカンチガイ(?)。

画像


表も 上から埋めていけばよさそうなのに
「今残っている2個」から さかのぼって記入していったから
5週で342,10週で257と厳密には正確ではないですね。

問題を読み直して、毎週17個でなく 毎日17個だと気づき、
「答えそのものに7をかけたらいいんだ~」と
娘としては 閃いた☆と思ったのでしょうけれど・・・

残りの2個というのは別枠で考えないとね。
そのままこれを7倍しちゃったら 誤差が膨らむよ・・・。

「あ~も~分かんない~~」と泣きが入り、分からん帳行き。


今まで 表にするのも絵図化の1形態と(あまり深く考えず)思っていましたが
改めて見ると 表にするのって抽象度が高くて、
あれ~?「絵」よりも「立式」に近いのかもって思っちゃいました。


*****************************


長期休みのときに
お手伝いを1つするとスタンプを押して・・・という表のようなものを作ったことがありました。
別に表が埋まったからと言って 何かご褒美が出たわけじゃないんですが。

先日娘から そういう表を作りたいからパソコンで作るやり方を教えてと言われ
エクセルの使い方を少し教えました。
罫線を引いて 項目を入力するだけの簡単なものですが。

で、お手伝い表とは別に

「どんぐり表」なるものも 作ったようです。

こんなの。
画像

週2題。7週ごとに進級します。
8級から始まり、計168題で 表が埋まります。

現在までで取り組んだのは300題弱。
6年の終わりまでには 「最上級者」に到達できるかな!?