「すっごい まぐれ!!!」は本当にただのまぐれ当たりだったのか?(どんぐり問題5MX55)

小学校の卒業式。小4の娘は自宅学習(学校休み)となりました。
朝から お友達と一緒に ちょこっと勉強したり
クッキーを焼いたり、ジェンガやオセロ、一輪車や馬跳び・・・と
遊び倒しました。

思いっきり遊んで、しかも ゆったりと過ごせる日は
ちょっと 難しめのどんぐり問題をやってみよう!

5MX55 (2013年3月、花凛 小4、どんぐり歴3年11ヶ月)
ここは何でも屋さんです。ここでは、お星様がよく売れます。
値段は、赤いお星様3個と黄色いお星様7個で480円、
赤いお星様5個と黄色いお星様5個で400円です。
では、赤いお星様6個と黄色いお星様2個だと代金は幾らでしょう。
同じ色のお星様は大きさが違っていても値段は同じです。

画像



2ページ目
画像


赤星★ 黄星☆とすると

①★★★+☆☆☆☆☆☆☆=480
②★★★★★+☆☆☆☆☆=400

ここから①と②に共通する★★★と☆☆☆☆☆を黄緑色で囲み
違う部分☆☆と★★との関係から
☆☆=★★+80
そこから☆=★+40というところまでは順調。

②から★+☆=80が導き出せれば 
その2つから楽に正答を出せそうだけれど
そこには気づかず(?)

けれども
「黄色の方が高くって 40円差だから 60円20円かなぁ~」
と言って ①に当てはめて検算したら480円とピッタリ!

「すっごい まぐれ!!!」と娘はびっくり。

一発で60円と20円と仮定できたのは
 
★+☆=80という関係が明確に意識できないまでも
絵図から そこはかとなく 認識できていたのかなとも思ったり・・・。 

それとも本当にただのまぐれ当たりだったのかな?