中学生の分からん帳が気になる!(どんぐり問題5MX15)

学年末。これでもか~ってくらい テストが返ってきています。
また 分からん帳に貼って行かなくては・・・。

糸山先生のブログに 連日 「中学生の分からん帳」がアップされていますね。
http://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/201303120001/
http://reonreon.com/2002-onezemi.html

春からは娘自身が小学校高学年。
また 仲良く一緒に登校していた6年生たちが
今春からは中学生・・・ということもあり
見入ってしまいます。

あと2年ね。。。



******************************


どんぐりデーの水曜日。
4MXの束から問題を選ぼうとしたけれど、気に入ったものがなく
5MXの束から選びました。

解き始めた途端、ダンナが帰宅。
「タイヤキとフランスパン 買うてきたで~~」。
ちょっと前にもよく似た出来事があったような。

娘は ノートを広げていたダイニングテーブルから追い払われ
自分の学習机へ。

タイヤキと フランスパンが 気になったでしょうけれど
意外と集中して取り組んでいました。

5MX15 (2013年3月、花凛 小4、どんぐり歴3年11ヶ月)
ペンギンのペンペンは、お父さんとお兄ちゃん1人と妹2人とでレストランに
行きました。このレストランでは子供は定価の半額になります。お父さんは
350円のビールと2500円の特大サンマ御膳、ペンペン達はお子様ランチを
4つ注文しました。代金は5250円でした。お子様ランチ1つの定価を求めましょう。

画像

ペンペンたちの絵は可愛いけれど
後は 式で さらさらさら~っと解いた感じです。

画像

蛍光ペンとボールペンとで答えを書いているため
何だか 見にくいですが
600×2=1200
A. 1200円だペン!!
みんなお子様ランチだと
3600円

と書いてます。

答え合わせの後は タイヤキを パクっ でした。


****************************


分からん帳とは 直接関係ないのですが
過去ログより一節。

http://reonreon.com/bbs-log09.html
●いつも100%、いつも勝つこと、は異常なことであるということを少しずつ教えなくてはいけません。そうすることで、間違ってもいいんだ、出来ないことがあってもいいんだという当たり前のことを当たり前に感じる自然さが身に付きます。教育は特殊な事を出来るようにすることではありません。健全な子に育てることが教育です。「ゆめゆめわするべからず」です。


私は4人きょうだいの一番上でした。
そんなこともあってか
いつも「できて当たり前」という雰囲気が家庭内にあって。。。

間違ってもいい。
今できなくてもいい。
うわべだけ できるようにならなくていい。のですよね。

娘と分からん帳作りをしているとき 
そんなことを想いながら
チョキチョキやってます。