にぶんのいち成人式がありました~成長の足跡(どんぐり問題4MX95)

先日 学校で「にぶんのいち成人式」という行事がありました。
 10才だから 成人式まであと半分のところまできたよ~
 ここまで育ててくれてありがとう~
 こんなに大きくなりました~
 夢に向かって頑張ります~
 よろしくお願いします~

学校行事らしい お仕着せ感は まぁ否めませんが
みんな練習の成果を 一生懸命発表していました

娘も この5月には11才(女の子的「思考の臨界期」近し!?)。
確かに 最近 ぐんと成長したなぁと感じることが日々多々あり。。。
どんぐりの軌跡も確かな成長の足跡です。

4MX95 (2013年2月、花凛 小4、どんぐり歴3年10ヶ月)
クジラのマッコー君とザットー君が片道5万キロメートルの太平洋6回往復競争をしました。マッコー君は1時間に1000km、ザットー君は1時間に800km泳げるとするとゴールに辿り着く時間の差はどれくらいになりますか。
画像

「往復って 行って帰ってきて1往復だよね」
「1往復10万km~」

画像


マッコー君は1時間に1000kmだから、10時間で1万km。
これが60回続くから 600時間。とすぐ出せたのですが・・・

ザットー君のほうで悩んでいました。

で ↑の娘の算出方法。
一読では 私には理解不能でした。

ゆっくり検証すると

10時間→8000km
100時間→80000km
1000時間→80万km

の3つを利用して80万-(16万+4万)=60万
         1000時間-(200時間+50時間)=750時間としたようです。

80000kmと8000kmの倍数の和で20万kmとし
それぞれの時間を出したところは 
なかなか おもしろいアイデアです☆
(まどろっこしいけど。。)



3年生の時に類題が解けなかった時の記事は コチラ↓
1問でも色んなことが見えてくる。(どんぐり問題2MX93)
http://02672405.at.webry.info/201110/article_10.html

この時と同様
今回も600000÷800という割り算は見当たりませんでしたが
そんなことは いつか気が付く・・・はず。

今の地道にコツコツ計算して時間差を出すというステージから
最終的には速さの比と 時間の比の 関係に着目して時間差を出すというところまで
(やり方を教わらずに)自力で行けるかな~
絵図でココが表せれば、行けると思うんだけどな~

太平洋往復競争の問題は 5MXや6MXにも入っていますね♪



どんぐり倶楽部HP「脳の発達」のページ
http://reonreon.com/brain-logic.html