おやつとジュースは必需品(どんぐり問題5MX26)

問題選びの際、4MX中心にピックアップしていた問題の束の中から
4MX87を選んだものの、ろくに絵も描かないうちから
「やっぱりこれ分からないから 今日はやめとく~~」と却下。

束の中には やりたいものがないというので 急遽5MXから
1題「じゃあ。これは?」と勧めてみました。

5MX26 (2012年11月、花凛 小4、どんぐり歴3年7ヶ月)
今日はダイエット競争の日です。体重は10km走る毎に200g減ることが
分かっています。15分で500m走ることができるペンペン君は体重600gを
落とすには何時間何分走らなくてはいけないでしょう。

画像


みんなのスタートダッシュについていけないペンペン君。



画像

ステップは着実に踏んでいますが、絵で解いたという感じはしませんし・・・
暗算で 計算間違いしてます。
確かめのため筆算したら 間違いに気付きましたけれど。。。


私が「900÷60って メンドクサイ計算したのね~~」と言うと

これぐらいの会話だったら“NGヒント”じゃないよね?と思いつつ。

娘は「え~? もっと楽に? あ。300kmで5時間だから5×3で15か。」

私「お母さんのやり方は違うな~~」

娘「え~~。あっ! 1kmで30分だから2kmで1時間。30÷2で15か~~~」




問題を解く間
「1kmで30分って 走ってる速さじゃないよ」
「私でも(←マラソン苦手) もっと速いよ」
「でも15時間も走り続けたらスゴイ!」とあれこれおしゃべり。

一生懸命走っているのになかなか前に進まないペンペンの走り方の実演も交えながら。

どんぐりタイムのお楽しみ・・・解いている間のおやつは、
この日娘が自分で焼いたシフォンケーキ。
今日も底上げせずに うまく焼けました。。。

めずらしくパックのジュースを買っていたのでそれもサービス。
ちょうど200ccのパックだったから
「200gってこれくらいの重さかな~」などと言いながら。


*************************



子供のおやつって 勉強が終わったら・・・のご褒美か
少なくとも 長時間勉強したから休憩のためという位置付けにしている
ご家庭も多いのでは。

我が家は どんぐりを始めるようになってからは
問題を用意すると同時に おやつも用意。
(たいてい食後に取り組むので 果物が多いんですけれどね。)

これが なかなかいいみたいです。
おやつ(デザート)が どんぐりをスタートさせる合図みたいになってたり
(「おやつ食べながらどんぐりしよ~~」と釣っている部分アリ?)

ちょっと手ごわい文章題に立ち向かいながらも
美味しいスイーツを食べながらなら
もうひと頑張りできるような、
でも過度に力が入りすぎることもなくリラックスした状態でいられるような。
(自分も一緒に食べながら解いてますので、実感です。。。)

我が家では 「お母さん手作りのお菓子」じゃなくて
子供が作ったお菓子というケースが多々ありますが
これが嬉しいんですよね(私がね)。

たまには 私が作ってあげようかな