子供の手芸~~RUKOさんの「フェルトのケーキ」

ブックオフで娘が一目惚れして購入した本。
ちょっと子供には難しいんじゃない?
と思ってもう少し作り方の簡単そうなフェルト小物の本も一緒に買ったけれど
(中古で安かったので・・・)
やっぱり 最初の“憧れ”を追求したくなったようで・・・・

フェルトのケーキ
雄鶏社
南木 裕子


Amazonアソシエイト by フェルトのケーキ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



頑張って作りました!
画像


「素敵」「めっちゃかわいい」
→「やってみたい」「作りたい」
→「どうしたらいいのかな」「おもしろい」「でけた~~~」

自発的・能動的に臨んでいくことは
なんでこんなに良いサイクルで回っていくんでしょうね~

私が教えたのは ブランケットステッチを一針分やってみせただけで
あとは娘が一人でこつこつやってました。

100均でそろえたフェルトにコンパスで円を描いて切り取って。
キウイの種は、ビーズがなかったので玉止めで。
ベリービーズもなかったので、
丸いビーズにラインストーンをボンドで貼り付けて自作。
ピンキングばさみがないから ちまちまとカットし
白いレースは 履き古しのソックスから丁寧に糸を切って剥がしたものを。

好きなことだと アイデアも溢れてくるみたい。

RUKOさん(南木裕子さん)のホームページ。
http://homepage2.nifty.com/ruko/
娘が「かわいい~すご~~~い」と言いながら眺めてます。


既にカット済みの材料が入ったキットもあるようです。



私だったらキットでちょっとでもラクしてキレイに・・・というところですが

色んな工夫をすることを楽しんでいる娘の方がウワテだなぁ