5月の藤原岳~~すばらしい新緑と眺望と。

瑞々しい新緑の美しい季節。
三重県いなべ市と滋賀県東近江市との境に位置する
藤原岳に登りました。
画像



大貝戸道 登山道入り口の駐車場。
車はいっぱいで 観光駐車場の方へ回ります。
「藤原岳でヒルに出くわした」という記事も見かけていたので
季節的にはまだ大丈夫だろうと思いつつ、念のため虫よけスプレー(効き目の有無は定かではありませんが)を足やら手やらに吹き付けてから・・・。
画像



聖宝寺道は通行止め。(いなべ市観光協会HPはこちら。)
このコースタイム×1.5が、子連れ登山の我が家の目安時間。
ダンナ曰く「無理そうなら途中で引き返せばいいし」
画像



藤原岳は 早春の福寿草が有名ですが
この時期、目を楽しませてくれるのは、新緑のあざやかな緑。
画像
 (娘に何の木?聞かれたけれど分からなかった。調べてみるとたぶんシロモジ?)


爽やかな若葉色の中、時おり、つつじの朱色がアクセント。
画像



「足や手も疲れるけど、頭も疲れるんよね~」
次はどうやって登る? ここに足を掛けても大丈夫か?
頭も使う山登り。。。
画像



8合目あたりから 視界が開けてきて
すばらしい景色が垣間見られます。
画像



と同時に、道もかなり急登なものに。娘もきつそうです。
でも すれ違う人には「こんにちは~」の挨拶がすんなりと出ます。
「頑張ってるね~」「えらいね~」と返してくれる登山者の方々も。
嬉しいですね。子供の特権ですね。
画像



藤原山荘の周りでは、清掃活動をしてらっしゃる方々がおられました。
感謝します。


お昼休憩ののち 藤原岳展望台へ。
ちょっと霞んでますが、びわ湖?
画像



360度の雄大なパノラマ。
この眺望のために3時間もかけて登ってきたようなもの。
画像



登りも下りもコースタイム+αで行けました。
先日2本セットで購入したモンベルの「アルパインカーボンポール」が
登りでは遅れがちな娘のペースをアップ。
下りでは 膝がガクブル~の私の助っ人になってくれました。
ダンナが「もう2セット買おう」なんて 景気のいいことを言ってます



◆関連記事
 近づく夏。。。道樹山~弥勒山(2012年春)
 10歳~追いつき、追い越され~養老山歩き(2012年春)
 プチ山ガール。伊吹山を歩く♪(2011年夏 伊吹山)
 プチ山ガール。新しいトレッキングシューズ。 (2010年春 斑尾高原)
 プチ山ガール♪ 「山はじ2」発売決定!(2010年秋 御嶽山)
 プチ山ガール。「山はじ2」を読む。(2009年秋 木曽駒ヶ岳)