学参の下見のつもりが・・・「ちはやふる」

春から4年生になる娘。

3年生では、市販の問題集は理科を買ったけれど、
これは娘が理科の教科書を持ち帰らないため私用に買ったようなもので、
ほとんどやってません。
半分は読み物なので 時たま読み合わせ&クイズごっこに使用しましたが・・・。

4年生も 同じように どんぐり問題だけでいいかなぁと思いつつ、
家族で本屋に行ったついでに、
4年生の学習参考書か問題集でもペラペラめくろうかと思ったのだけれど、


結局買ったのは

「ちはやふる」

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
講談社
末次 由紀


Amazonアソシエイト by ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ダンナが物色していたTOEIC対策本コーナーのそばにあった
「ちはやふる」の英語バージョン(対訳付き)を夫婦二人で立ち読みし...

「おもしろそうやし!」
「やっぱり日本語で読みたいし!」
「1巻だけじゃなくて続きも読みたいし!」

で 数巻 買いました。

(学参の下見はどこへ・・・?)



娘も加わって、家族3人で回し読み中。

最新刊は15巻なのでしょうか?

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)
講談社
2011-12-13
末次 由紀


Amazonアソシエイト by ちはやふる(15) (BE LOVE KC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


大人買いの予感・・・




ちなみに 3年生の国語の教科書の一番最後に
百人一首のうち数首が載っているようです。


百人一首って 娘には いままで  
「おばあちゃんちでやってる 坊主めくり用の札」にすぎなかったんですが、
ちょっと 認識が変わったでしょうか。。。





◆関連記事
 通信教育(主に国語について)
 楽しく絵コンテ読解