教えなくていいから・・・(どんぐり問題3MX97)

親が勉強を教えるとバトルになる・・・とは巷でよく聞く話だけれど

どんぐり問題を解いている最中は 
ノーヒント。

解いたあと 間違っていたら いっしょに見直していって
「アレ?ココおかしい?」を共に探す。

途中でギブアップした問題は、
「じゃあ。お宝ノート(わからん帳)ね」でおしまい。

語句の意味説明はしても
私が解き方を教える という場面は出てきません。

ある意味 らくちん


3MX97 (2012年2月、花凛 小3、どんぐり歴2年10ヶ月)
今日のおやつは、体重の重さで貰える数が違う体重おかしデーです。
今日は体重5kgにつき3個のホッペタオチソーダ飴を貰えます。
クラゲダヨン君は15000g、ゾウガメラ君は365kg、アザラシアン君は42kgでした。3人が貰える飴を合わせるとみんなで何個のホッペタオチソーダ飴を貰えるでしょう。

画像
体重測定中のお三方。



画像

それぞれの飴の個数の出し方は
・まず式で計算する。
・それを図にする。
という順序でした。
図にすることが確かめ算のような感じ?

そして相変わらず暗算してます。
筆算ね~とやさしく声掛けしてるのに無視!?
(あ。割り算の筆算は習ってないか。
でも足し算の筆算は 習ったでしょ。)

365÷5も
「5÷5は1やろ
 60÷5は12やろ
 300÷5は60やろ
 合わせて73」だそうです。ほほう。
(割り算の筆算は、ケタの大きい位からすると思うのだけれど・・・。)

筆算を前倒しで教えるかどうか ちょっと悩みますが
教えずじまいになりそうです。
筆算を知らない故の 面白いワザを見せてくれそうな気もするし、
結局 足し算・引き算・掛け算の筆算も習うまでほっといたし・・・。



って 添削してないのはともかく

せめて 答えに 丸ぐらい してあげるべき?



********************

最近 私ほとんど朱筆を入れてません。(いいのかな?)
解き終わった後、一緒に一通り見直して、
時には娘が説明してくれたりして、
なるほど~ でオワリ。なんですよね。

だんだん学年が上がって、文章題も複雑になってくると
その場で「あ。ココがポイントだ」と発見して
リアルタイムで適切に添削するというのは ワタシには難しくなってきてます。

後で じっくり娘の絵を見ていると
「なるほどね~ そうきたか~」みたいな発見があって
私は楽しいのですけれどね。

何か「分かってないのかな」というのを発見したときは
後々 生活の中でフォローしてみるとか、
どのみち 分からん帳があるし なんて思ったり。