昔の暮らし、昔の道具、昔の遊び

社会の授業で 「昔の暮らし」「昔の道具」を扱うようです。

「お父さん・お母さんが子どものころに使っていた昔の道具について取材する」という宿題が出ました。

小3の子供の親としては わりと高齢な私とダンナ。

子供のころ使っていた道具で 今では様変わりしているものについて
いくつか娘と話をしました。

☆ミシン・・・足踏みミシンを使っていた。カーネーションで糸子が使っているやつ♪

☆8ミリ・・・壁とかに映して見るんよ♪ビデオと違って音は録音できないの。だから一生懸命おしゃべりしてても音はなくて口だけパクパクパクなんよ。(娘にオオウケ

ダンナからは
☆正月の餅つきは臼と杵・・・現代っ子はイベントでしか経験できない臼&杵も、昔は普通の家庭の正月風景。

☆お風呂は薪で焚く・・・私でも未経験。昔はお母さんやお婆ちゃんが焚いてくれてたんだねぇ。

(ダンナが紹介した道具は むしろ「おじいちゃん・おばあちゃん」の時代のものかも・・・。)

ほかにも
二層式洗濯機
フイルム式のカメラ
白黒テレビ 
黒電話
鰹節の削り器 
羽子板
ベーゴマ
べったん(めんこ)・・・・

ああ。昭和の香りが。。。

さすがに 囲炉裏や火熨斗は実体験なしです。


そして1つ1つ説明すると 娘からは
「え~。めんどくさいんだね~~。」と

昔はみんなそうだったんだよ。

今はスイッチ1つで・・・と 簡単・便利・時短になった道具がたくさんありますねぇ。

ボタンをポンで、出来上がり~。途中の過程はブラックボックス~~~

でも その割には

そうやって 余裕ができたはずの現代人の「時間」はどこへ?

大人も子供も 忙しくって いったい何に忙殺されているんでしょう・・・。



どこかへ行っちゃったのは時間だけじゃないかも・・・。
どんぐり倶楽部HP ちょっと簡単なまとめ・・・1
http://reonreon.com/sum_up_01.html#Anchor584280
☆日常的に不便な時代と 現在の違い
☆感味力養成期間 昔と今
☆工夫-思考回路養成-の割合の変化 昔と今
☆頭が良くなるチャンス度数 昔と今  などなど




遊び方を本で知るというのは 情けないような気もするけれど
昭和生まれには 懐かしくて ちょっと心惹かれるものが・・・

遊び図鑑―いつでも どこでも だれとでも (Do!図鑑シリーズ)
福音館書店
奥成 達


Amazonアソシエイト by 遊び図鑑―いつでも どこでも だれとでも (Do!図鑑シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ひさびさに 羽子板をしたくなってきた!
でも実家にも残ってないかなぁ。