1年・2年というスパンを経て。(どんぐり問題1MX37、類題1MX78)

先週の「どんぐり倶楽部の文章題」。

長年 避け続けていた「赤卵・黄卵・青卵の位取り問題」。

小学1年生の3月に 初めてやったときは・・・

1MX37 (2010年3月、花凛小1、どんぐり歴11ヶ月)
あかたまごと あおたまごと きたまご 5こずつで くらいどりあそびを しました。
十の位に つくと 10点、一の位に つくと 1点ゲットできます。
あかたまごの ごうけいは 32点、あおたまごの ごうけいは 23点、
きたまごの ごうけいは 41点でした。
十の位に ついた たまごと 一の位に ついた たまごでは 
どちらがなんこ すくないでしょう。

画像

「がんばります!」と 掛け声だけは威勢よく書けましたが
この先、全く問題の意味が読み取れず
「わかんな~~~い。できな~~~い。」


そして 先日は・・・

1MX78 (2011年12月、花凛 小3、どんぐり歴2年8ヶ月)
赤卵と青卵と黄卵5個ずつで位取り遊びをしました。十の位に着くと10点、
一の位に着くと1点ゲットできます。赤卵の合計は5点、青卵の合計は50点、
黄卵の合計は14点でした。十の位に着いた卵と一の位に着いた卵ではどちらが
何個少ないでしょう。

画像
卵1つ1つに ゲットした点を書き、正解でした



答え合わせのとき
「間違ってたらガックリ~・・・・でもないか~~
 また 今度 やってみたらいいんだもんね~~~」と。

最近では 答えが違ってても
「あれ~。あ~そこか~間違ってたのは~~」みたいな反応のときもあり
ずいぶん穏やかに 取り組めるようになってきました。

どんぐりを始めたころは
分からなかったり、間違ってたら ギャーギャー泣いてたのにネ。

思えば 最初の1年ぐらいは 親もきつかった。。。
ヒントを出しそうになるのを堪えるのも 私には苦行でした。

このガマン大会・・・根比べ・・・いつまで続くの?と
1年先、2年先を想像することもできませんでしたが

2年余りたてば こんな感じになりました



◆関連記事(1年・2年というスパンで振り返ると・・・)
 どんぐり歴 スタート~2ヶ月(0MX08,0MX24)
 どんぐり歴 7ヶ月~8ヶ月(0MX41, 1MX51)
 山あり谷あり(どんぐり歴1年8ヶ月ごろ)