「食塩水問題」と「色水ガソリン車問題」(どんぐり問題3MX67)

「食塩水」の問題を解きました。(「私が」「何十年かぶりに」ね。)

ふだん娘がどんぐり問題を解いている横では
わたしは、どんぐりの6年向けを解いているのですが
この日は たまたま プリントアウトしたものを切らしていて・・・。

そこで本棚にあった 中受算数文章題の解法をまとめてる本
(↑娘用じゃなくて、前に記事にした私のアンチョコ。)
から1題 娘に選んでもらいました。

  Aの容器には13%の食塩水300g。
  Bの容器には7%の食塩水700g。
  それぞれの容器から 同じ重さの食塩水を取って
  Aの分→Bへ Bの分→Aへと入れ替える。
  同じ濃さにするには 何グラム入れ替えたらよい?



これが・・・ 算数・数学ニガテな私には難しくて(楽しくもなくて)

「う~~~ん

「あれ~~~~」などと あんまり唸り声をあげてるものだから

娘のほうも 気が散ってしまったようで・・・。


「アナタは アナタの問題してください」と声をかけないと

じい~~~~っと 私の様子を見ている始末。。。



娘が取り組んだのは・・・

3MX67 (2011年12月、花凛 小3、どんぐり歴2年8ヶ月)
色水ガソリンで動く車の走った距離を比べました。
赤い中型車は2m、青い小型車は赤い中型車の3倍、
黄色いバイクは青い小型車の半分を走りました。
では、黄色いバイクは何m走りましたか。

画像

問題としては 比較的やさしめ。
色つきで楽しく絵が描ける問題だと 思うのですが、
私の様子に 気が散ったのか

黄色い「バイク」 は 黄色い「車」の絵になってるし・・・

画像

2m、6m、3mが 2:6:3の長さで描けたらいいのにな~とは思いましたが、
答えはすぐ出せて、
「お母さんは?」と。余裕だね。

私がマル付けできる状況にないと見るや、自分で花丸付けてました。



で、私のほうも 苦労の末 なんとか解けました。

娘が 添削をしてくれて、
「けいさんと 少しの絵」というコメントと
「コーヒーに 砂糖と間違えて 塩を入れてしまってビックリしてる人」
のイラストを描きそえてくれました。

えっと。
あまりに でたらめな計算満載のアホな答案なので 画像は・・・
アップするのやめときます。

きちんとイメージすることなく 
「この計算で出るはず」という思い込みが ネックでした。

ちゃんと 全体をイメージして考えれば
するするっと 解けたのに・・・
(娘と一緒にどんぐりしているのに 情けない話です




ちなみに 上の食塩水の問題。答えは210gです。






◆関連記事(↓こんな感じで私もどんぐりしてるんですが・・・)
「方程式」じゃなくて、「絵図」で
楽しく解く。楽しく待つ。