大人にも♪ バーバラ・クーニーの絵本「ルピナスさん」

娘が、バーバラ・クーニーの絵が好きなようなので
絵本「ルピナスさん」をAmazon(中古品から)で買いました。
以前本屋で立ち読みしたことがあったけれど、
私の方がもう一度読みたくなってしまって。。。


ルピナスさん―小さなおばあさんのお話

ルピナスさん―小さなおばあさんのお話
ほるぷ出版
バーバラ クーニー


Amazonアソシエイト by ルピナスさん―小さなおばあさんのお話 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






下の2冊は、以前、とある絵本美術館に行ったときお土産として娘が選んだ本。
別々の美術館だったのに、偶然にも選んだのはいずれもクーニーの絵本。

おおきななみ―ブルックリン物語

おおきな なみ―ブルックリン物語
ほるぷ出版
バーバラ クーニー


Amazonアソシエイト by おおきな なみ―ブルックリン物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





空がレースに見えるとき(挿絵がクーニーです)

空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
ほるぷ出版
エリノア・ランダー・ホロウィッツ


Amazonアソシエイト by 空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「ルピナスさん」、「おおきななみ」のいずれも 
自分はいかに生きるか・・・人生の意味を見つめる女性のお話。
花凛も こんな風に 素敵な生き方をしてほしいな。
翻って 自分は?
むしろ大人の方が、自分の来し方行く先を想って 深く味わえるかも。


「空がレースに見えるとき」は
幻想的で美しく、でも不思議でユーモラスなお話。
マザーグースのような雰囲気を感じるのは私だけ?
この本、娘は純粋におもしろがって読んでます。



◆関連記事
 三重県志摩市のラッセル・ルピナス←ルピナス畑のご紹介