筋肉豆腐の問題(どんぐり問題1MX62)

娘がなかなか解こうとしない「どんぐり問題」の中に、「筋肉豆腐の問題」があります。どんぐり倶楽部の「頭の健康診断」でも、小2、小4、小6で出題されている代表的などんぐり問題

以前の記事にも1MX62を載せましたが、「分からん帳」で眠ったままです。

朝早く目覚めたハム次郎は、どういうわけか、突然もっと筋肉を付けようと思い、どうしたら筋肉が付くのかを色々と調べました。その結果、筋肉豆腐の半分が蛋白質で、その蛋白質の半分が筋肉になることをつきとめました。では、100gの筋肉を付けるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう。
(小学1年生、どんぐり歴9か月のとき)
画像



そこで、先週実家に帰省しているときに、この筋肉豆腐問題をちょっと作り変えて
「お母さん こんな問題つくったんだけど どお?」と勧めてみました。
パッと見では筋肉豆腐とは違うので、「やってみる~」と。
(上記の問題のパクリです。スミマセン

ねずみのチュー助はチーズが大好き。ある日、チュー助は「カルシウムたっぷりチーズケーキ」をもらいました。そのチーズケーキの半分がカルシウムでできており、そのカルシウムの半分が、な・な・なんと骨になるそうです!!
骨太になりたいチュー助は、「骨を100g増やしたい!」と思いました。それではチュー助はチーズケーキを何グラム食べればよいでしょう。

(小学2年生、どんぐり歴1年11ヶ月)
画像


やっぱり苦戦してしまって、途中から絵もそこそこに「答えは200g?」なんて聞いてくるし、とうとう描いた絵を全部塗りつぶしてしまいました。

娘の絵を、彼女の解説に基づいて分かりやすく再現しますと・・・
画像
骨になる部分・・・黄緑のところ; 100g
カルシウムの部分・・・青のところ; 100g
チーズケーキ・・・白のところ; 200gなのだとか。

娘は「だからチーズケーキは200gなの!」というのでした。

最初に描いた円全体がチーズケーキでしょーがっ! 」と思いましたが、
あえて説明せず
「お母さんの思ってる答えとは違うかな~残念~お宝ノート行き~~~」
で終わらせました。

青のところは、チーズケーキであり、且つカルシウム だし、
黄緑は、チーズケーキであり、且つカルシウムであり、且つ骨になるところ

どちらもチーズケーキなんだよ~~
なのに、どうして切り離しちゃうんでしょう?

チーズケーキを食べると、その一部の成分が骨になるということがイメージできないまま、ごく単純に絵を見て、逆に「骨は骨。チーズケーキとはベツモノ。」と思っちゃったんでしょうか?

それに、「チーズケーキ200g食べて100gの骨がつくんだったら、半分が骨になるってことで間違ってる」と気づきそうなものだけれど、チーズケーキが200gだ!といったん思い込んでしまうと、それも気づかないみたい・・・。

キィーッとならずに、ジ~ックリ絵を見ていたら気づきそうなのにな~

でも小1のときに比べれば、半分の半分が描けるようになった点は進歩です。。。


「どんぐり文章題」700題のうち、筋肉豆腐の問題数を数えてみたら、
半分の半分が100gという設定では9問(1Mで2題、2Mで3題 3Mで2題、4Mで1題、 5Mで1題)、それ以外の設定では7問(4Mで1題、5Mで4題、 6Mで2題)ありました。

筋肉豆腐とは、まだまだ、末永いおつきあいとなりそうです。




上述の「頭の健康診断」も載っています。