モンティ・ホール問題でトランプ遊び

テレビでやってた確率(?)の問題を
本当にそうなるのか、ダンナが実証したかったみたいで、
娘といっしょに、トランプでデータを取ってました。


後でネットで調べたらモンティ・ホール問題とかいうらしいです。
モンティ・ホール問題に関するWikipediaの解説ページはコチラ


やってた遊びはこんなの。
(これだけでは分かりにくいと思いますので、詳しくは上記のWikipediaのページをご覧くださいね。)

「プレイヤーの前に3つのドアがあって、1つのドアの後ろには景品の新車が、2つのドアの後ろにはヤギ(はずれを意味する)がいる。プレイヤーは新車のドアを当てると新車がもらえる。プレイヤーが1つのドアを選択した後、モンティ(ゲームショー番組の司会者)が残りのドアのうちヤギがいるドアを開けてヤギを見せる。

ここでプレイヤーは最初に選んだドアを、残っている開けられていないドアに変更しても良いと言われる。プレイヤーはドアを変更すべきだろうか?」
                               (Wikipediaより引用)

「変更する」のと「変更しない」のと、どっちがアタリの確率が高いか?
トランプを使って、↑のヤギをジョーカーにかえて二人でやってました。

一種の心理トリックになっており、確率論から導かれる結果を説明されても、なお納得しない者が少なくないことから、ジレンマあるいはパラドックスとも称される。 「直感で正しいと思える解答と、論理的に正しい解答が異なる問題」の適例とされる。
                                (Wikipediaより引用)


確率の問題。私はニガテでダイキライでした
そしてそんな私は、直感型(?)
数学問題も「勘」が頼りの(そして当然赤点だらけの)ヒトでした


あなたは「変更しますか?」それとも「変更しませんか?」