我が家のゲーム事情

ゲームと言ってもDSではありません。

我が家で幅をきかせているのはボードゲーム類。
花凛もボードゲームが大好き

モノポリー
人生ゲーム
オセロ
ゲームスタジアム(12種のボードゲームが入ってます)
ドラえもん日本旅行ゲーム
トランプ
花札
UNO
などなど

花凛がお友達と家で遊ぶときも活躍してくれてます。

子供さんによっては、負けるのが嫌だからと最初からやらない子、
なかなか順番が回ってこないと騒ぎ出す子、
負けそうだからと途中から離脱する子、イロイロですが、
小2にもなると、落ち着いて楽しめる子が増えてきました。

銀行係は、花凛がやるときもありますが、
自分もゲームに参加しながらだとしんどいみたいで、
「おかあさん、銀行係やって~」と出動要請がかかることもしばしば。


この中で最初にしたのがモノポリーです。
Wikipediaのモノポリーのページはこちら

花凛、幼稚園年中さんの冬。ダンナが買ってきました。

お人形遊びや、家族ごっこなんか、とてもじゃないけど付き合えないという
ダンナが「これなら一緒に遊べるかも?」と買ってきたんです。


もちろん公式ルールは幼稚園児~小学低学年には難しすぎるので、
我が家流にアレンジ。

「抵当」や「競売」ルールは無しにしたり、
「所得税支払」のルールを簡素化したりして
お子様向けルールにします。

こうすれば、モノポリーは、
人生ゲームとは違って、スタート→ゴールで上がり!ではないので、
さしずめ、お金のやり取り付きエンドレスすごろくみたいな感じになります。

またモノポリーで使用する紙幣は$1、$5、$10、$20、$50、$100、$500と小額だし、
(うちにある人生ゲームは、最低額の紙幣が$1000)

ダイス2つを振って、その合計数を進めるルールなので、

やっていくうちに自然と数字を覚え、
簡単な足し算ができるようになり、(もちろん指折り算ですよ!)
やがて位取りみたいなのも(10が10こで100とか)も分かるようになりました。

といっても、これはあくまで、結果としての、副産物で、
「ボードゲームで算数の勉強」をおススメしてるわけではありませんので。。。

買ってから3年以上たつ今も、飽きることなく、
時おり引っ張り出してきては、家族で楽しんでます


モノポリー NEW
タカラトミー
2010-07-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by モノポリー NEW の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


デザインが新しくなったのか、我が家にあるのとはイラストの感じが違うわ・・・

ちなみに、我が家にはWiiはありません。
花凛はDSを持っていますが、ソフトは3つ。
ここ3ヶ月ほどは触ってもいません。
入学祝いにおじいちゃんが買ってくれて、
1年生のころは週1~2回するか、しないか。(ただしDSをした日はテレビなし!)
2年生になってからは、一人ではほとんどしなくて
友達と家で遊ぶときに時々(2ヶ月に1回ぐらい??)といった程度です。



◆関連記事
 ワードバスケット作ってみた♪