山あり谷あり

今朝も雪景色の朝となりました。
通学路は10センチ以上もの積雪
娘の集団登校グループの中にもいきなり滑って転ぶ子が続出したので、途中まで登校に付き添ってきました。

さて、晴れる日もあれば、雪の降る日もあり・・・
花凛のどんぐりも、バッチリ解けて晴れ晴れ~の日もあれば、
間違えたり行き詰ったりして、どんより~の日もあります。
人生 山あり谷あり。
どんぐりも 山あり谷あり。

花凛はどんぐり文章題をする時、大きな数字の出てくる問題は避けていました。
ところが少し前から時々そんな問題も選ぶようになりました

ですが、やはり苦戦するようで・・・

2MX88 ある日、タレパンダ君は巨大パンダになりたくて300kgの体重増加を目指しました。ケーキ1個で500g、ジュース1本で200gの体重が増えます。食事はケーキ2個とジュース1本がセットになっているとすると、目標までにはジュースは何本飲むことになるでしょう

画像


300000gになるまで1200gを足していけばよいと考えました。


「え~~~。まだまだやんか~~。何回足せばええの~~」と言いながら2ページ目に突入。。。

画像


ところが終盤に来て、集中力が途切れたのかミスを連発

1200gの128回分(153600g)を2度足し、多すぎる分の7200gを引けば300000gになると分かったようですが、
にもかかわらず・・・
①まず7200gが、1200gの6回分ではなく、2回分となぜか早合点し、
②さらに128回分ではなく、1つ前の段階の64回分から導き出したものだから…

最終的に64+62=126となってしまいました

母の私は、
大きな数にチャレンジして、計算だって工夫した
本当にいっぱい考えたね~と絶賛したのですが・・・

花凛は、間違ったことに納得できず

何で!なんでぇぇぇ~~~~~
あんなにがんばったのにぃぃぃぃ~~~~
なんで間違ってるのぉぉぉぉ~~~~


と地団太ふんで大泣きです

「間違いはお宝なんだよ~」などと諭しても、花凛の耳には入りません・・・。

こういう場合うちは、
おやつあるよ~
こないだ録画したアニメのDVD見よか~
お母さんと一緒にトランプでもしよっか~
と誘うか・・・

それでもだめなら

コチョコチョ作戦です

コチョコチョとくすぐりまくって、キャハハと笑ったところで
「花凛の好きなことしよう」と誘います。

これはうちの娘がまだ小2だから通用する方法かもしれません。
もっと大きくなったら「お母さん。ふざけないでっ」と余計に機嫌を損ねるかもしれないですよね。


山あり 谷あり デス


なお、その日の夕食の準備中。一緒に台所に立ちながら
「間違いはお宝なんだよ~。答えがあってることよりも、いっぱい考えることが大事なんだよ~。」
みたいなことを娘に話しました。
ちょっとは伝わったかな??