朝な夕な

アクセスカウンタ

zoom RSS 中1娘は2学期期末テスト直前&晩秋の鈴鹿・釈迦ヶ岳

<<   作成日時 : 2015/11/25 10:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

期末テスト直前の娘。
日頃から学校のワークなどをやっていないので、テスト時に提出しなければならないノートまとめや問題集、片っ端から取り組んでます。やはり2学期の期末ともなれば範囲も広く、この3連休はそれなりに頑張らないと終わらない・・・という状況でした。

そういうときは 夫婦で近場へ日帰り山行♪
いやいや。世間的には塾に送迎とか、美味しい昼食を作ってあげたり・・・でしょうね。
「ひとりのほうが静かで 逆にはかどる」という娘の言葉に甘えて
晩秋の鈴鹿・釈迦ヶ岳へ。
画像



前回、ハト峰を訪れた際、対面にそびえる山容を目にして
今度は釈迦ヶ岳に登ろうと目論んでました。

もう紅葉は麓に僅か残すのみ。
葉を落とさんとする木々を仰げば青空が透けて見えます。
画像



御在所岳方面も くっきり。
冬枯れの山は 日差しが差し込んで明るいし、見晴らしもよくなって、それはそれで味わい深いものです。
画像



登りは中尾根ルートで。
やせ尾根やら 丸太の階段続きやら 岩をよじ登る所やら 変化があって飽きが来ない。
画像

娘も今頃 うんうん 課題と格闘しているのかな?
それともまだのんびり ブランチ?


帰路に立ち寄る猫岳が見えます。
飛行機雲が気持ちよさげに伸びてます。
稜線に出ると風が強くて寒いけれど、樹林帯に入って日差しを浴びると暖かくて・・・。服の調整がけっこう難しい。
画像



釈迦ヶ岳のハイライトは やはりこの大蔭のガレでしょうか。
実際に歩いてみると上から見下ろした時ほど ひええええ〜〜〜という感じはないのですが、でも強い風にあおられないよう姿勢を低くして渡ります。
画像



釈迦ヶ岳頂上に到着。伊勢湾方面が見渡せます。
町中に面しているからかどうかは分かりませんが携帯の電波も通じるので、娘に電話で一報入れます。
副教科のほうは 全く手が回っていない様子。
「前の日に やるからダイジョ〜ブ」って 一夜漬けにするつもりですか!
ちなみに中尾根ルートは比較的電波が入り、メールで途中経過を入れることができました。が西へ西へと行くにつれ いつしか圏外に!
画像



たくさんのイワカガミ。つややかな葉は暗赤色に染まっています。
このまま冬を越し、春にはピンクの可愛い花が咲くでしょう。また見に来なければ!
画像



次に向かう猫岳へのプロムナード。
きっと芽吹きの時期から新緑にかけての季節も良さげな雰囲気。
画像



猫岳へ登り。振り返ると釈迦ヶ岳の大ガレがよく見えます。
あの稜線を歩いてきたんだぁ〜
画像



釈迦ヶ岳の頂上はあまりに風が強かったので猫岳で休憩します。
夫婦で山歩きのときは 行動食やおにぎりでの小休止だけで歩ききってしまうときもありますが、ちょっと寒かったので、ジェットボイルで湯を沸かしコーヒーだけ飲みました。腰を下ろして、ほっと一息。
娘も ちゃんとお昼ごはん食べてるかな。
画像



下山します。猫岳を振り返って。
今週末は寒くなりそう。鈴鹿の山も 今年はこれで登り納めかな。
雪が積もっちゃうと よー登らん。
画像



ブナの木かな。春になったらまた会いに来るよ。
画像



名残の紅葉。
何の木? ツツジ系かな?
シロヤシオも咲くらしいから、今度は花の季節に娘も連れてきたいなぁ。
画像



朝明渓谷へ戻りましょう。
今日ばかりは 娘に「洗濯物をとり込んどいて〜」とか「お風呂用意しといて〜」とは頼めません。早々に帰路につきましょう。
さすがに期末直前で、お菓子作りも控えている娘に
スイーツでもお土産にしてあげましょうかね。
画像


釈迦ヶ岳。ぜひ春にも再訪したい素敵な山でした☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

中1娘は2学期期末テスト直前&晩秋の鈴鹿・釈迦ヶ岳 朝な夕な/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる