朝な夕な

アクセスカウンタ

zoom RSS 理科の授業でタブレット。(どんぐり問題4MX67)

<<   作成日時 : 2013/09/12 10:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「今日の理科の授業おもしろかった〜 台風のことを習ったよ♪」
と 珍しく授業の話をしてくれた娘。

どこがおもしろかったの?と聞くと

「タブレットで 台風のビデオを見たんだよ〜
ほら〜 アレアレ 
♪ウルトラ ウルトラ ウルウル ウルトラブック♪ のやつ。
 ほんとに パカッてタブレットになるんだよ〜〜
 インテルのシール貼ってあった(^o^)」 だそうです。

台風じゃなくて タブレットが珍しかったの???

関係あるのか ないのか、その日は ウルトラ時計の問題を選びました。

4MX67 (2013年9月、花凛 小5、どんぐり歴4年5ヶ月)
売虎君が使っている時計は、3分で長い針が1周りするウルトラ時計です。
売虎君のお昼ご飯はいつもウルトラ饅頭です。売虎君はいつも長い針が30度進むごとにウルトラ饅頭を4個ずつ食べます。今日の売虎君のお昼ご飯は60個です。では、お昼ご飯にかかる時間は何分何秒でしょうか。

画像


「360°で48コたべれる」など 文章で書いちゃってますが・・・。


*****************

タブレット・・・で思い出したのが 
以前糸山先生がブログで言及なさっていた反転授業。

「■ iPadを使った反転授業…絶対にやめてください。」
http://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/201308210001/

「反転授業」って? 初めて聞く言葉でした。

Wikipediaによると
反転授業(はんてんじゅぎょう、英語: flip teaching (or flipped classroom))は、ブレンド型学習の形態のひとつで、生徒たちは新たな学習内容を、通常は自宅でビデオ授業を視聴して予習し、教室では講義は行わず、逆に従来であれば宿題とされていた課題について、教師が個々の生徒に合わせた指導を与えたり、生徒が他の生徒と協働しながら取り組む形態の授業
なのだとか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E8%BB%A2%E6%8E%88%E6%A5%AD

娘の学校では このような取り組みはなさそうだけれど
覚書として リンクさせていただきます。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

理科の授業でタブレット。(どんぐり問題4MX67) 朝な夕な/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる