朝な夕な

アクセスカウンタ

zoom RSS 色々と描き込んで楽しめたかな。(どんぐり問題6MX97)

<<   作成日時 : 2013/09/10 13:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝晩は涼しくなって 過ごしやすくなってきましたが
学校の方は運動会の練習も始まって 
9月は疲れて帰ってくる日が多くなりそうな娘です。

夏休み中は 親のほうが気合が入りすぎて 
どんぐりタイムに良からぬオーラを出しすぎました。

覚悟を決め直して 娘5年生の秋を一緒に過ごしたいと思います。

6MX97 (2013年9月、花凛 小5、どんぐり歴4年5ヶ月)
鰻のヌルヌル商店では、何でも定価の30%引きと書いてあります。では、渡蟹カッチンがこの店で595円で買った蟹マークペロペロキャンディーの定価は幾らだったのでしょう。
画像


きょうは 色々と絵を描き込んで 楽しんでました。
こういうときは 解き方にも工夫があって 良いなぁ。。。




〜「どんぐり倶楽部」BBS過去ログ〜2006.11-
http://reonreon.com/bbs-log-2006.11.html
●細部のないところに全体はありません。大きくなると細部と全体を瞬時に把握できるようになりますが小さいときは難しいんです。

>後々何が伸びるのでしょうか?
●同時に把握できる力です。順番があるということです。ですから、小さいときに抽象化が出来るからと抽象化を追ってはいけないということです。

>問題を解く上では直接必要ない細部も描けるといいね、とか声を掛けるなどしたほうがいいのですか。
●大事なのは<細部を楽しめた方が>の<楽しめる>です。細部を描けても(出来ても)楽しめなくては本当の力にはなりません。

>ちゃんと絵を描いて食べる豆腐の量もだしてました。
●視考力を使えば誰でも出来るんです。問題は<楽しく>出来ているかですからね。出来ても楽しめないと伸びないんです。楽しんでいる前提があって最高の力が出るんです。人間はそうできているんです。ですから、幼児・児童期には<難しいことが出来る>ではなく<丁度良いくらいのことが楽しくできる>が最も効果的なんです。その指針が「どんぐり倶楽部」の「良質の算数文章問題」です。楽しく先に進むのはGoodですが、出来るから先に進むはBadなんです。従って、楽しいから戻るはGoodですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

色々と描き込んで楽しめたかな。(どんぐり問題6MX97) 朝な夕な/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる